買取ビジネスのフランチャイズは失敗しやすい?その理由や対策方法を紹介

近年、独立して開業をしたいと考えている人で、フランチャイズを選ぶ人が増えています。それは、買取ビジネスにおいても同じで、フランチャイズ加盟店は年々増加傾向にあるようです。しかし一方では、フランチャイズ経営に失敗してしまった、儲からないといった話を目にすることも増えてきました。

本記事では、買取ビジネスのフランチャイズ経営によくある失敗や対策方法、業界内でも知名度の高いおたからやフランチャイズのメリットなどについて紹介します。

フランチャイズ経営によくある失敗

フランチャイズ経営は、一から開業するよりも負担が少ないなど多くのメリットが存在します。かといって、必ずしも全員が成功して稼ぐことができるとは限りません。

ここではフランチャイズ経営によくある失敗を紹介します。こちらを覚えて今後対策が立てられるようにしましょう。

受け身の経営を続ける

フランチャイズ経営は本部から知識やノウハウを受け取ることができます。だからといって受け身でいては知識や経験は積めません。受け取ったノウハウを活用して、検証・評価・改善を繰り返して経営をより良い方向に導く意識を持ちましょう。

店舗の成長には、このように充実したサポート体制に甘えて受け身でいるのではなく、自ら学びに行く姿勢が欠かせません。経営に関する知識なら書籍やセミナーを受けたり、事業における専門知識は本部の研修制度をフル活用したりするなど、常に知識や情報を更新する習慣をつけると良いでしょう。

競合他社が多い地域に出店する

店舗ビジネスにおいて重要となるのが商圏です。商圏とは、その店舗への来店が見込まれる顧客が住んでいる範囲を意味します。この商圏内に競合他社が複数出店しているほど集客が難しくなるでしょう。そのため、出店を検討している地域における同業他社の出店状況を調査することは非常に大切です。

フランチャイズ経営では本部の担当者と出店地域を相談して決めることになると思いますので、この商圏内における競合他社の出店状況について相談できるよう覚えておきましょう。

ロイヤリティの支払いができなくなる

フランチャイズ経営には、ロイヤリティの支払いという独自のシステムがあります。これは、本部が加盟者へ名前やノウハウを提供する代わりに加盟者から受け取る対価です。売上に対して割合が設定されている場合や、毎月一定の金額を請求する場合などがあります。

このロイヤリティが軌道に乗る前の店舗にとって大きな負担になってしまうことがあります。月額制の場合、売上が良くても悪くても同じ金額の請求になりますので、売上が伸び悩んでいるときなどは注意が必要です。経営の計画を立てていくうえで、このロイヤリティの出費は必ず頭に入れておくと良いでしょう。

買取ビジネスによくある失敗

買取ビジネスでは来店したお客様へ商品を売るのではなく、お客様から商品を買取ることがメインです。一般的な飲食業や小売業とは少し異なる業態のため、注意しなければならない点も変わってきます。ここでは買取ビジネスによくある失敗について見ていきましょう。

経営や査定などの知識がないまま開業する

買取ビジネスに限らず事業を進めるにあたって、まずは経営の知識は必要不可欠です。それに加えて買取ビジネスでは査定に関する知識も必要になります。商品知識がなければ適正価格が分かりませんし、査定方法を知らなければ商品状態にあった価格決定ができません。偽物を買取ってしまう危険性もあります。

このように適正価格かつお客様が満足できるような価格帯での買取を実現するためには、査定や商品知識が欠かせません。フランチャイズでは本部が査定の研修を行っていることも多いため、必ず活用しましょう。

競合他社と同じ経営を行う

他店舗と同じ施策では多くの顧客を呼び込めません。商圏内での差別化が図れていない場合、顧客は分散してしまうでしょう。ただし、他の良い点を学び、自身の店舗に合った方法にアレンジするのは良い取り組みです。

ただ何も考えず真似るだけでは、自身の学びになりません。他店舗がなぜその施策を行っているのか、なぜその施策で利益が上がっているのか、といったことを分析して、自身の店舗に行かせる施策なのか、手を加えて実施した方が良いのか検討することが大切です。

固定費により利益が上がらない

買取フランチャイズでは、「店舗型」と「無店舗型」の2種類が存在します。店舗型の場合は、販売も行うためより広いスペースが必要となり、家賃や光熱費などの固定費が高くなります。

買取だけ行う場合は、店舗のスペースを最小限に抑えることができますが、どちらにしろ不況による固定費の値上げなどの影響を受けやすいため注意が必要です。

買取フランチャイズでの失敗を防ぐためには?

買取フランチャイズのよくある失敗を紹介しましたが、これらを防ぐためにはどのような対策を取ったらよいのでしょうか。ここでは、3つのポイントを紹介します。

本部の集客戦略を把握する

フランチャイズを利用するメリットの一つが、知名度や認知度の高い名前を使用できることです。知名度を利用することで、一から開業するよりも早く集客を上げることができます。

そのため、フランチャイズ経営を始める前に本部が集客に対する戦略をどのくらい行っているのか確認しましょう。イメージキャラクターに有名人を起用したり、テレビCMやWeb広告を打ち出したり、チラシ作成に注力していたりと、集客戦略が強い企業のフランチャイズをおすすめします。

真贋査定の体制を整える

偽物を買取してしまい利益向上の妨げにならないよう、真贋査定の体制を確認することも大切です。もちろん自分自身の査定技術を高めることも必要ですが、中には本部がAIによる真贋判定システムを導入していたり、本部がウェブカメラを通して査定するシステムを導入していたりと各企業によって様々な対策が取られています。

このような制度を比較して、自分自身に合ったサポートが受けられる企業を選ぶようにしましょう。

日々、商品知識を学ぶ

フランチャイズ経営だからといって本部にまかせっきりでは店舗の成長は見込めません。店舗を経営するのはオーナー自身ですので、買取ビジネスに必要な知識は常に学ぶよう意識しましょう。

中には査定を本部にしてもらうサポートもありますが、それではオーナーや店舗スタッフの技術が向上しないため、研修制度などを利用して商品知識を深めることをおすすめします。店舗スタッフが適切な査定を行えることは店舗の信頼にも繋がるでしょう。

おたからやフランチャイズのメリット

業界内でも最大手のおたからやフランチャイズならではのメリットを2つ紹介します。

圧倒的知名度による集客力

業界内最多のフランチャイズ店舗数を誇り、おたからやの看板を街中で見かけたり、テレビCMやWeb広告を見たりしたことがある人も多いかと思います。おたからやフランチャイズの強みはこの知名度による集客力の高さです。

開業直後でもおたからやの名前は広く知られているためその分、一から始めるよりも高い集客力が見込めるでしょう。

充実したサポート体制

おたからやフランチャイズは未経験での開業も歓迎しています。それを可能にしているのが充実したサポート体制です。開業前から経営や査定について学ぶことができます。

開業後も定期的に研修や講習会が実施されているため、知識や経験をどんどん積むことができる環境です。

買取フランチャイズの悪い面にも目を向けて対策を立てましょう

人気の買取フランチャイズですが、しっかり仕組みや体制を理解していないと失敗してしまうこともあります。本記事で紹介したよくある失敗と対策が、長く成長し続けられる店舗経営の手助けになればと思います。