フランチャイズオーナーとは、企業と加盟契約を結びブランド名やサービス、経営ノウハウを得て店舗の事業運営を行う人物を指します。

今回は、フランチャイズオーナーでおすすめの業種3選や必要な準備などを紹介します。
転職を機にフランチャイズオーナーになろうか悩まれている方や、本当に成功するか不安な方にはとくにおすすめです。

フランチャイズオーナーで稼ぐなら!おすすめ業種4選

フランチャイズオーナーで稼げるようになるには、自身にあう業種を見定める必要があります。
今回は、フランチャイズオーナーになるのにおすすめの業種4選をまとめました。

  • ブランド・金買取店オーナー
  • コンビニオーナー
  • 飲食店オーナー
  • 塾オーナー

各業種の詳細や仕事内容を解説します。

ブランド・金買取店オーナー

フランチャイズオーナーとして稼ぐなら、ブランド・金買取店オーナーがおすすめです。
ブランド・金買取店なら比較的小規模でも経営を行えるので、一人または少人数での独立・開業が可能です。
小規模であるが故に、初期費用をなるべく抑えた上で独立・開業できるのも魅力的です。

また、他業種と比較して体力面があまり重視されません。
自信がない方や高齢の方でも開業しやすいといえるでしょう。
ブランド・金買取店オーナーであれば省コスト・省スペースで利益を出せるチャンスがあります。

コンビニオーナー

フランチャイズオーナーとして成功したいなら、コンビニオーナーがおすすめです。
コンビニは、フランチャイズとの代名詞ともいえるほど人気があります。
フランチャイズ加盟店へのサポート体制が十分整っているため、初心者・未経験者の方でも挑戦しやすいです。

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会が行ったJFAコンビニエンスストア統計調査月報(2022年2月度)によると、店舗数は55,931店です。
2021年2月は55,897店で、昨年度よりも店舗数が増えているのが分かります。
(参考元:https://www.jfa-fc.or.jp/particle/320.html

また、全国的に店舗を広げているコンビニなら知名度・認知度ともに高くあります。
出店エリア選びに失敗しなければ、比較的安定的な集客が見込めるでしょう。

飲食店オーナー

フランチャイズオーナーとして儲けたいなら、飲食店オーナーをおすすめします。
飲食店フランチャイズオーナーの最大のメリットは、知名度・認知度の高さです。
全国的に展開するブランドであれば、知名度・認知度ともに高い状態から開業できます。
集客方法に悩まされる心配がないのも、メリットの1つです。

ただし、飲食業界はかなり競争率の高い業界です。
出品エリアを間違えると、思った成果が出せない可能性が高まります。
情報収集や分析を行って、慎重に進めていくのが重要です。

塾オーナー

フランチャイズオーナーとして成功するなら、塾オーナーがおすすめです。
塾は、大きなトラブルや問題がない限り比較的安定的かつ継続的な利用が見込めます。
生徒を確保するだけで、継続的な収入を期待することが可能です。

塾の場合は、飲食店やコンビニとは違って在庫を抱えたり仕入れルートを確保したりする必要がありません。
フランチャイズオーナーとして独立・開業する前から、仕入れ先とのトラブル(リスク)を回避できるのもメリットです。

フランチャイズオーナーになるための準備

フランチャイズオーナーになるには、大きく4つの準備を行う必要があります。
詳細は次の通りです。

  • 資金の準備
  • 本部との契約内容やロイヤリティなどの確認
  • エリアの選択や需要と供給バランスの見極め
  • 経営や人事についての知識を深める

各準備の詳細や大切である理由を解説します。

資金の準備

フランチャイズオーナーになるためには、独立・開業するための資金を調達する必要があります。
資金が準備できなければ独立・開業は厳しく、開業に向けた最初のステップともいうべきポイントです。

資金は、業種選択・会社選びに大きく左右されます。
数十万のところから最大数百円まで、かなり幅があるのが特徴です。
独立・開業に向けて資金を準備する時には、資金設定または業種決定のどちらを先に決めるのか十分検討する必要があります。

本部との契約内容やロイヤリティなどの確認

フランチャイズオーナーになるときには本部との契約内容やルール、ロイヤリティの確認などを行います。
経営の自由度は、各ブランドによって大きく異なります。
業種選択・会社選びの失敗を防ぐためにも、細かなルールの確認は必須です。

とくに、ロイヤリティの支払いや加盟後にかかるお金に関する確認はあらかじめ行うのが重要です。
開業後に予想以上に利益がでない、または費用がかかってしまったという事態は珍しくありません。

エリアの選択や需要と供給バランスの見極め

フランチャイズオーナーになるためには、事前準備がなにより大切です。
自分が店舗を出したいと思うエリアで成果を出せるのか、需要と供給のバランスを十分見極める必要があります。
フランチャイズオーナーとして成果を出すためには、利益が見込める業種・エリアを判断しなくてはなりません。

サービスが求められていないエリアで店舗を出店しても、思ったような成果は出せないケースが多いです。
事前に情報収集を行ったうえで業種選択からエリア決めまで、判断しましょう。

経営や人事についての知識を深める

本部から経営ノウハウを得られますが、事前に自分でさまざまな知識を勉強し身につけておくのがおすすめです。
自分から率先して行動を起こせば事前に経営や利益アップへの戦略、人事、新人教育などの知識を深められます。

本部から経営ノウハウを学ぶ前からある程度知識を身につければ、スピード感をもって独立・開業に向けた準備を進めるのが可能です。
自分から率先して動いたり学んだりする姿勢は、フランチャイズのオーナーとしてとても大切な能力・スキルの一つといえるでしょう。

オーナーに向いている人とは

以下に該当する方は、フランチャイズオーナーをご検討ください。
フランチャイズオーナーとして、成功する可能性があります。
詳細は次の通りです。

  • 情報収集や分析が好きまたは得意な人
  • 過去に同じ経験がある人
  • 行動力がある人

各人物像の詳細や向いている理由を紹介します。

情報収集や分析が好き・得意な人

情報収集・分析は、オーナーにとって開業前からその後に至るまで必須ともいえる重要スキルです。
フランチャイズ経営は、本部の指示に従っていれば上手くいくというものではありません。

自分自身で需要と供給のバランスを見極めたり、求められるサービスを判断したりする必要があります。
情報収集・分析しながら経営を行うため、物事を見極める能力がある人が向いています。

また、フランチャイズの成功させるには最初の業種選択・会社選びがとても重要です。
情報収集・分析が好きまたは得意な人なら、さまざまな情報を収集・網羅した上で業種選択・会社選びを慎重に進められます。

過去に同じ経験がある人

前職と同じまたは関係のある職種を選べば、自分のこれまでの経験や知識を活かせます。
ある程度知識や経験がある状態でスタートできるので、スピード感のある独立・開業準備を進めるのが可能です。
経験のある職種に挑戦したい方は、フランチャイズのオーナーに向いています。

ただ、未経験業者だからといって成功するのが難しいわけではありません。フランチャイズでは、本部から経営に必要なノウハウを学べます。初心者・未経験者でも挑戦しやすいのは、大きな利点です。

行動力がある人

フランチャイズは本部のサポートはあるものの、自分自身で経営を行います。
本部からのサポートに甘えるのではなく、自分で考え実践していく行動力がある人がオーナーに向いています。

フランチャイズ経営における利益は、オーナーの自己努力や工夫によって大きく左右されます。
目標を持って自分で考え、自ら行動する能力がある人には向いているといえるでしょう。

フランチャイズ経営は、自分1人では成り立ちません。
従業員をまとめつつ一丸となって目標に向かって行動を起こせる人物も、オーナーには向いています。

フランチャイズオーナーで成功するなら業務選択や事前準備に力を入れよう

フランチャイズオーナーで儲けたいなら、自身にあう業種を選んだり事前準備を十分行ったりするのが大切です。
とくに、資金面の準備は業種によって大きく変わります。
資金または業種のどちらを優先するのか、よく検討する必要があります。フランチャイズオーナーで成功したいなら、おたからやがおすすめです。
おたからやなら、開業前からその後まで、徹底的なサポートを受けられます。
サポート体制が整備・充実しているので、オーナーになるのが不安な方でも安心です。