フランチャイズ(FC)とは、個人事業主または法人が本部と契約を結びブランド名やサービス、経営ノウハウを得て店舗運営を行うシステムです。

今回は、フランチャイズのメリットとデメリットを紹介します。
フランチャイズを始めようか悩まれている方や、成功させるためのヒントを得たい方にはとくにおすすめです。

フランチャイズのメリット

フランチャイズを始めると、大きく3つのメリットを得られます。
詳細は次の通りです。

  • 本部からノウハウを得られる
  • ブランドイメージによって集客可能
  • 独立開業に対するハードルが下がる

フランチャイズは、未経験でも比較的挑戦しやすい事業です。
各メリットの詳細をまとめました。

本部からノウハウを得られる

フランチャイズに加盟する最大のメリットは、本部から直接経営ノウハウを得られる点です。
フランチャイズ初心者・未経験者でも、経営に関するさまざまなノウハウを直接得られます。
本部の人から直接指導を受けられるので、初めての方でも独立・開業しやすいです。

通常、独立または開業する場合には全てが1からのスタートになります。
自分自身で勉強したり情報を集めたりなど、準備すべき事柄が非常に多いです。
独立・開業するまでの間にかなりの時間を要するため、せっかくのチャンスを逃す可能性もあります。

フランチャイズの場合は、必要な基本情報を本部に在籍するプロたちから直接指導を受けられます。
準備期間を短縮できるので、独立・開業までを素早く行うことが可能です。

ブランドイメージによって集客可能

フランチャイズでは、すでに名前が知られている業種を選べばブランドイメージからある程度集客することが可能です。
全国的に知名度・認知度が高く有名なブランドならより多くの集客が期待できます。

通常、独立・開業時には集客方法を検討することが必要です。
知名度・認知度がない状態から、多くの人を集めるにはかなりの時間と労力がかかります。

また、集客には一定のコストが発生します。
独立・開業時の余裕のない状態で、多額の予算をかけるのは困難です。

一方、フランチャイズではブランド力を生かして経営を始められます。
集客への費用を限りなく抑えた状態でスタートできるのも、大きなメリットです。

独立開業に対するハードルが下がる

フランチャイズに加盟すれば、資金面や情報収集面でかなり有利です。
すでに知名度・認知度ともに高いブランドの場合は、金融機関からの信用を得られやすい傾向にあります。
独立・開業で絶対に欠かせない資金面を、比較的簡単にクリアできるのは大きなメリットです。

また、フランチャイズの場合は本部側からさまざまなノウハウを得られます。
わざわざ自身で情報収集を行う必要がなく、未経験の方でも安心して始められます。

通常、自分一人で独立・開業までの準備をする場合は全てが一からのスタートです。
資金面への不安や何の知識もない状態への焦りなど、悩まれる方は多くいます。

フランチャイズなら、低資金かつさまざまなノウハウを得た状態で独立・開業することが可能です。
独立・開業したいけど一から始めるのが不安・失敗するのが怖い方には、おすすめです。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズは比較的始めやすい事業ですが、リスクやデメリットをしっかりと考慮する必要があります。
フランチャイズを始めるときには、大きく3つのデメリットに注意してください。
詳細は次の通りです。

  • ロイヤリティの支払い
  • 業種選択や会社選びが重要
  • 仕入れや経営に対する制限

各デメリットの詳細や注意点を解説します。

ロイヤリティの支払い

フランチャイズではブランド名や経営ノウハウを得られる一方、ロイヤリティを支払い続けなければなりません。
ロイヤリティ(rotalty)とは、ブランド名や経営ノウハウを利用する代わりに本部に対し定期的に支払うお金を指す言葉です。

ロイヤリティの支払いは、フランチャイズに加盟し続ける限り支払い続けます。
開業後は、ロイヤリティの支払いを含めて売上目標や利益計算を行う必要があります。
ロイヤリティの支払いに負担を感じる可能性もあるため、フランチャイズに加盟する場合にはルールの厳しさを知っておくことが重要です。

自分一人で独立・開業するときには、ロイヤリティの支払いは当然発生しません。
ロイヤリティの支払いを含む売上目標や利益計算をする手間もかからないのは、一つのメリットかもしれません。

業種選択や会社選びが重要

フランチャイズに加盟するときには、業種選択・会社選びを慎重に行うのがなにより重要です。
フランチャイズで大きな利益を上げるには、最初の業種選択・会社選びで全てが決まるといっても過言ではありません。

業種選択・会社選びに失敗すると、なかなか利益が出なかったりルールが厳しく自由に経営できなかったりなど、苦しい状態が続く可能性が高いです。
フランチャイズ経営を成功させるには、業種選択・会社選びに十分力を注ぐ必要があります。

また、フランチャイズには契約期間が決められてます。
途中解約を希望すると、会社によっては違約金を求められるケースもあるので注意してください。

仕入れや経営に対する制限

フランチャイズに加盟すれば未経験者でも簡単に独立・開業を目指せる一方、自由度が低いのが特徴です。
フランチャイズの場合、本部に決められた店舗運営をしなければなりません。

自分一人で独立・開業するときには、自身の想い一つで全てを決められます。
自分が行った通りに店舗経営ができるのは、大きなメリットです。

一方、フランチャイズでは決められたルールや独自の仕入れルートが用意されているケースが多いです。
自分で全てを決定したいという方は、窮屈に感じることもあるでしょう。

ただ、仕入れ先や経営ルールが決定された状況は必ずしも”悪”なわけではありません。
初心者・未経験者でも安心して始められる・経営への不安を減らせるという点では、大きなメリットとも考えられます。

フランチャイズ経営を選択する利点とは

数ある事業のなかからフランチャイズ経営を選ぶのには、大きく3つの利点があります。
詳細は次の通りです。

  • 開業や経営ノウハウを得ることでスピード感を持って独立開業可能
  • 仕入れ先や提供商品の安定化
  • 広告サポートの活用

各利点の詳細をまとめました。

開業や経営ノウハウを得ることでスピード感を持って独立開業可能

フランチャイズに加盟すれば、本部から直接経営ノウハウを得られます。
独立・開業までに必要な知識やノウハウを短期間で得られるので、スピード感を持った行動を実現可能です。
独立・開業までの期間を、可能な限り短縮できるのは大きな利点です。

個人で独立・開業を目指す場合、経営の仕方や集客方法、情報収集などを一から理解しなければなりません。
開業までに相当な時間と労力を費やすことになります。

フランチャイズなら、スピード感を持って独立・開業に向けた準備を進められます。
初心者や未経験者でも、比較的参入しやすく成功しやすいです。

仕入れ先や提供商品の安定化

フランチャイズでは、仕入れルートや自社商品が既に決められています。
自由度の低さがデメリットであるものの、既に安定かつ充実した状態で商品提供・購入に繋げることが可能です。

また、フランチャイズでは信頼のおける仕入れ・販売ルートが確立されています。
急なトラブルに巻き込まれる心配がないのも、大きな利点です。

自分一人で独立・開業する場合、仕入れルートから在庫管理まで全てを行わなければいけません。
仕入れルート選びに失敗し、思わぬトラブルを招く可能性も高まります。
余計なトラブルを回避できるのも、フランチャイズの利点です。

広告サポートの活用

フランチャイズに加盟すれば、広告・集客面でのサポートを受けられるのも大きな利点です。
広告の充実度が高いため、効果的に集客を行えます。
広告で多くの集客が見込めれば、店舗の利益をさらに上げるのも容易です。

一から独立・開業するときには、集客方法や効果的なやり方から模索しなければなりません。
集客方法から考える段階から大きな利益に繋げるのには、多くの時間と労力が必要です。

フランチャイズなら既に知名度・認知度がある状態に加え、広告サポートも受けられます。
少ない労力かつ短時間、低コストで大きな利益を上げるなら、フランチャイズがおすすめです。

フランチャイズ(FC)を成功させるならあらかじめメリットとデメリットを把握しておこう

フランチャイズを始めるかどうかは、メリットとデメリットを知ったうえで決断するのが大切です。
具体的な制度や予算は業種や企業によって異なるため、事前に調べておくとフランチャイズ選びの失敗を防げます。省スペースかつ省コストで大きな利益を上げるなら、買取フランチャイズがおすすめです。
おたからやは全国加盟店数No.1で、初期費用を抑えつつ独立・開業できます。
本部が開業前の物件探しから経営サポートまで、手厚くサポートするので始めての方でも挑戦しやすいです。